01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

日進月歩なF1ミニカーブログ

  : 

日進月歩の精神でミニカーの予約情報や発売中の商品やカスタム品を自分の視点で紹介していくブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

F1ミニカーのカスタム出来るものは限られる。 

ここ最近発売されるミニカーは本戦仕様もショーカーもカラーリングが全て実車と比較して遜色無い位に再現されているので、カスタム出来るのが少ないと個人的に感じます。というわけで、以前に紹介したウィリアムズFW30のFuji Speed Way BOXのショーカーにグリーンのタイヤラインを入れてみました。
FW30 Fuji1
FW30 Fuji2

う~ん、ノーマル状態よりは見栄えがよいかな。。。しかし物足りない。。。というわけで、2008年スペイングランプリを最後に撤退をしたSuper AguriのFuji Speed Way台紙のミニカーに2008年トレンドのシャークフィンを付けてしまおう。とりあえずプラ板で再現してみました。まぁまぁなのか??これ?ちゃんと塗装すればそれっぽくみえるのか?
SA08 Fuji1
SA08 Fuji2

実際・・・台紙は違うけど、SA08の本戦仕様ノーマル品とミニカーはまったく一緒なんですよね。加工するものが少ないとは言え実際難しそうな感じがします。。。
スポンサーサイト

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

スーパーアグリ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

RENAUTタイトルスポンサー 2009年限りで契約終了 

今日もミニカーの紹介ですが、少々F1についてのお話を。
RENAULTのタイトルスポンサーである保険と金融を手がけるINGグループがFIAが発表したコスト削減プログラムを考慮し、INGはRENAULT F1チームとの3年契約(2007年~2009年)を更新せず、F1活動を2009年をもって終了とすると発表がありました。INGはF1サーキットのいくつかの公式公式スポンサーも務めています。2008年は18戦中13戦においてコース上に広告を展開しているとの事です。

と、まじめは話しはひとまずここまでにして、本題のミニカーの紹介を。

1/43 ING RENAULT F1 TEAM R28 F.ALONSO JAPAN GP WINNER(CUSTOM)
RENAULT F1 R28 F.ALONSO JAPAN GP

先に言いますと本戦仕様正規品を2008年日本GP優勝モデルにカスタムしました。発売予定無いなら作ってしまえ!という感覚です。わざと「WIN」はシルバーデカールで強調しました。先日の内容にも書きましたが2008年の日本GPはアースカラーをイメージし、グリーンのラインを入れる事となりました。そしてソフトコンパウンドのタイヤにはホワイトライン内側から2本目に入れる事になっています。ちなみにカスタムをしたのはこんな感じです。
R28 FRONT TIRE
意外と出来栄えはよいと思います。M社のラインシートを使っていますが、取り付けがしやすくお気に入りのカスタムアイテムであります。このラインは塗料でも入れれますが、やたら時間がかかります・・・。はみ出すと修正に時間も要しますし。今年のRENAULTのカラーは結構思い切った感じなので、2008年マシンに今年のスポンサーロゴが入ったモデルが製作されると格好良いのではと思いますが、レギュレーション大幅変更なので、ショーカー発売無しかも・・・。

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

2008年日本GP仕様カスタム 佐藤琢磨SA08 

さてさて、本日もカスタム品の紹介です。先日からもちょこちょこ書いていますが、日本人F1ドライバーの佐藤琢磨が2008年スペインGPを最後にスーパーアグリ撤退と共にレギュラーシートを失ってしまいました。ミニカーメーカーのミニチャンプスが製作を決めていたのもあり、2008年富士スピードウェイ限定仕様という実在しないものが発売されています。ミニカーを見ると2008年本戦仕様品とまったく同じものです。台紙に「富士スピードウェイ2008」と書いてあり、生産数は限定です。ミニカーがまったく同じになってしまったのは日本GP限定のスポンサー契約とかも実現しなかったから使えないのかもしれません。買ったままでは寂しい感じがするので、今年ブリジストンがアースカラーとしてタイヤにグリーンラインを入れるという他のGPにはないオリジナルのものです。

1/43 SUPER AGURI HONDA SA08 T.SATO TIRE:GREEN LINE (SOFT COMPOUND)
SA08 T.SATO JAPANESE GP 2008

画像ではわかりにくいかもしれませんが、4本の溝にグリーンラインが入れられています。その上、ソフトタイヤという柔らかいものはレギュレーション変更によりレース中にハードとソフトの2種類のタイヤを使う事が義務付けられたものの判別の為、2007年のGPより白いラインが入れられる事となりました。2008年も変わっておらず、グリーンとホワイトの組み合わせはなかなか綺麗と思います。ラインはミニカーデカールを販売しているM社のタイヤマーカー(テープ)を使用しております。ここのメーカーは出来が良く気に入って使っています。
時期的にもうそろそろ2009年のショーカーが予約開始になるかもしれません。ショーカーは通常2008年マシンに2009年のスポンサーデカールを付けるのですが、今年はマシン自体がだいぶ変わっているのでショーカー発売は無いかもしれません。早く予約開始しないかなぁ。もし出たら大量に買いそうなので資金を確保しておかなきゃ。。。。

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

スーパーアグリ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2008年シーズン初優勝モデル予約開始 

F1は2009年シーズンスタートにおおよそ1ヶ月を切りました。そんな中、2008年シーズンのGP優勝モデルの予約が始まっており、すでに予約締め切りの所が多いようです。

・1/43 BMWザウバー R.Kubica カナダGP Winner 2008
・1/43 Scuderia Toro Rosso S.VETTEL イタリアGP Winner 2008
・1/43 Vodafone Mclaren Mercedes L.HAMILTON World Champion 2008

自分はBMWとToro Rossoのみ予約し、Maclarenは出来を見てから購入を検討しようかとスルー しました。自分がよく利用する某ネットショップでは開始した当日でToro Rossoは締め切りとなっていました。またこれも在庫薄で価格高騰しそうですね。BMWはまだ余裕があるようです。Mclarenはライコネン(2006年)、アロンソ(2007年)までは好きでしたが、ハミルトン(2008年~)はあまり好きではありません。ハミルトンの自信過剰なのは人それぞれ個性ですが、若干傲慢な感覚を覚えてしまいます。。。日本市場でもあまりハミルトンは人気が内容で初入賞モデルや別注モデルも余っているようですし・・・。それはそれとして今日はミニカーショップでお得なものを入手しました。

1/43 BMWザウバー R.Kubica F1.07 本選仕様 (2007年シーズンモデル)
BMW R.Kubica F1.07

新品の販売価格はほかのモデルと大差なく5000円弱ですが、なぜか「半額!!」と書いてあり2300円だったので、思わず買ってしまいました(資金不足なのに・・・)。2008年も一時はワールドチャンピオン候補にあがっておりましたが、後半は結果ふるわずでした。ちょいちょいショップを見ると絶版品が普通に並べてあったりするので、たまに暇を見つけては探しにいくのも楽しいかもしれませんね。

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

BMW  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

トロロッソ STR3 佐藤琢磨 2008ヘレステスト仕様ミニカー 

タイトルの元々の話ですが、佐藤琢磨の所属していたスーパーアグリが資金難に陥ってしまい2008年のスペインGPを最後にF1から撤退をする事になってしまいました。その後、F1復帰への道を探っていた時にトロロッソのテストの話があり、2008年末~2009年2月前半までテスト・レギュラーシートの結果待ちでしたが、残念ながらトロロッソのレギュラードライバーにはなれませんでした。佐藤琢磨はF1には戻れないのでしょうか・・・?ミニカー市場ではトロロッソSTR3が非常に販売数が少なく、どのお店もショートしたのは以前のブログで紹介したと思います。その貴重なモデルを使用して佐藤琢磨のテストモデルを作製しました。

1/43 SCUDERIA TORO ROSSO STR3 JEREZ TEST 19th September 2008 T.SATO
STR3 T.SATO 2008

トロロッソの2008年本戦仕様のミニカーはS・ベッテルとS・ブルデー両方とも購入しましたが、S・ベッテルは最年少初優勝を更新したのもあり、一般ネットショップでも値段が高騰しています。Yahooオークションならなおさらです。今回はS・ブルデーのモデルを使用する事にしました。実際に2008年9月のテストではベッテルのマシンを使用してのテストでしたのでカーナンバーは「15」でした。そこまで詳しく分かる写真は無かったのでカーナンバーはあえて無しにしました。テストっぽい感じになっているということで。。。ヘルメットの塗装落としから台紙への文字加工と結構大変でした。ある種、非売品という感じでなかなかレアかなと。。同じカスタマイズをしている人はいるかもしれませんが、世界に1台です。。実際・・・佐藤琢磨はいつF1に復帰できるのでしょうか?佐藤琢磨の2009年以降のF1新作モデルが欲しい今日この頃でした。

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

トロロッソ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。