07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

日進月歩なF1ミニカーブログ

  : 

日進月歩の精神でミニカーの予約情報や発売中の商品やカスタム品を自分の視点で紹介していくブログです。

マテル エリートシリーズ F2007検証 

さて、本日、期待と不安混じるフェラーリのF1での200勝記念のF2007(ライコネン車)が届きました。マテルエリートシリーズという事で出来がどうかという所もありますが、ショップの画像ではあまり期待はしてませんでした。

という事で色々と確認してみました。

1/43 MATTEL ELITE CHINA GP 200th Ferrari Victory #6
ELITE F2007_1ELITE F2007_2

外箱はエリートシリーズの箱で他のF2002と特別変わったところは無いと思います。写真を撮ると光で中が見えないのでプラスティックケースを外しました。光の当て方もありますが、ショップの写真で見るよりもメタリックで一瞬ハンドメイド品に見えなくはないです。これはあえて中国GP再現のMarlboroロゴにカスタムしない方がいいんでしょうか?

外観で確認する限りは以下の点が改良されていると思います。撮る箇所を変えてみましたので確認しながら自分で書ける範囲内で違いを確認してみようかと思います。
ELITE F2007_7ELITE F2007_8
ELITE F2007_9ELITE F2007_A

・すぐ分かるNO DRIVER(笑)
・アンテナが細いタイプに変更されている。
・通常のマテルには無かったリアルなホイールカバー(フロント/リア)
・排気管噴出し口が黒ベタではなくカーボンパターン再現
・マテル通常品より全体的に深いメタリックレッドカラー
・ハンドメイドモデル風の固定ベルトを再現
・マテルにありがちなリアウイングの傾きが無い
・リアブレーキランプが実車に近づけるように再現されている。

ひとまずこんな感じでしょうか?後は比較で一番近いものというとコンストラクターBOXのライコネン車(以下、通常品)なので、それと比較してみます。

ひとまずは並べてみます。こんな感じに。
ELITE F2007_3ELITE F2007_4ELITE F2007_6

やはりエリート品はメタリック感が深いです。通常品もメタリックレッドですが、より深い色です。こうやって見るとハンドメイドモデル感があります。あと、通常品と比較してタイヤの形状が違うんですね。エリート品の方が四角い・・・。実車だとエリート品が近い感じしますが見慣れない分、何だか違和感が・・・。ちなみに通常品のモデルはエッフェアルテフィーチェのデカールでカスタムしてあります。ただ、満足いく感じではないので、後日プラスチック板でよりリアルにしておこうかと思います。タイヤはなかなかリアルに作られていると思います。

個人的にですが、元々期待感が少なかった事もあり、実際のものを見て意外と良いのではと思ってしまいました。これなら中国GPだけではなく、箱をhpiやBBR風の別注モデル箱を入手して、プレートを作って、車両だけカスタムして乗せれば別注モデルみたいに出来そうです。

ブラジルGP優勝決定モデルとか、日本GPモデルとか。。。

最近カスタムに意識が向いているせいか、欲求を刺激される感じします。どうせならF2008、F60もエリートシリーズで出してくれないかなぁ。それだったら欲しい。NO DRIVERもこれはこれで悪くない。

個人的にはレッドラインには手が出ない方でF2007モデルを持ってない方にはお薦めと思います。

今日このモデルと同時に中嶋一貴とベッテルの2009年ショーカーも一緒に届いているので後日紹介したいと思います。

 
↑ブログランキング参加しています。日々努力していきますのでぜひ一押しお願い致します!

テーマ: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記

ジャンル: 趣味・実用

フェラーリ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://f1hobby.blog73.fc2.com/tb.php/101-3d9fc708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top